妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだ

夫と浮気相手のいる場所に奥さんが乗り込み修羅場と化すシーンは、小説やドラマでしばしば目にします。妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、相手を刺したり、殺してしまうシナリオもよくありますね。浮気しているところを捕まえて問い詰めるのも1つの方法でしょう。離婚も辞さない覚悟なら、取っていい行動といえるかもしれないです。浮気調査の第一段階ですべき事は、浮気が実際に行われているか否かを明確にする事です。疑問が確信に変わりきらないケースではひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。証拠が揃い、浮気が間違いなくなったならば、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、浮気相手の姿・年齢・氏名などを確かめるのです。探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」です。

実費としては調査の際にかかった交通費とか写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査員の食事代が足されるケースもあるでしょう。時間給は、人数×時間で計算した費用です。短時間で調査を完了すると支払いも安くすみます。浮気調査の費用を節約する方法は、できる範囲のことは自分で前もって調査を済ましておくようにしましょう。調査とはいっても簡単にできることなのです。何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで立派な調査資料になります。毎日、仕事に出る時間、帰ってきた時間、電話がかかってきたならば、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。浮気という証拠はカーナビでもつかめるでしょう。こっそりとカーナビにある履歴を見て、浮気相手とドライブデートしたというところを見つけられる場合があります。履歴があまり見たことない場所であった場合注意しなければいけません。そして、しばしばもしもガソリンが入れられていたら、車によりデートしていることがあります。

浮気の証拠をとらえるためには、探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。とはいえ、探偵への調査依頼は調査料金も安くはないですから、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。探偵への浮気調査の依頼は、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所が変われば価格はそれぞれ異なるので、調査を依頼する前には見積もりをお願いするとよいでしょう。浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても離婚しないままの方が良いこともあります。子供がいるご夫婦の場合は特に配偶者の浮気が確実なものになったからといって離婚とは、そう簡単にすることができないものです。養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。同様に、父親が一人で育てる場合も仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。領収書やクレジットカードから浮気を確定することもできる可能性があります。

まず、普段は入らないようなコンビニのレシートをしばしば見かけるようになったら、その周辺に普段から行っている事になります。そこで見続けていると、浮気の瞬間を目にすることが出来るかもしれません。浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、調査費用のお財布への負担を減らせるのです。ですが、いつ浮気をしているか気づいている場合でも、顔見知りにいって証拠を撮ってきてもらうにしても、骨折り損になることは確実です。気づかれずに写真撮影を行うにはプロに任せるのが一番でしょう。不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、金額は少なくなってしまいます。それに、不倫した相手が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要となります。どの人から見てもはっきりとした浮気の証拠がなくてはいけません。