接客中の方から汗臭が臭ってくると…

接客業ということで人と近距離で対応する事が多いので矢張り自分の汗のにおいには神経質になります。ことに初夏あたりから汗のにおいには気を使い色々なメーカーの制汗スプレーなどを試しています。接客中の方から汗臭が臭ってくると自分もおんなじように汗臭をさせているではないかと危機感を覚え、そんな時はトイレに行って防臭処置を行うようにしております。汗臭に現時点で効き目があると感じるのがスプレータイプや液状タイプの物ではなく、スティックタイプの制汗剤で、直に塗り込むとお出かけ前に使用すれば午後まで汗臭が防げます。気に入っているのはデオナチュレのソフトストーンで今のところリピ買いし続けています。これは夏のシーズンはもちろん、寒いシーズンに重ね着をしていて発汗してしまったときのニオイケアにもなるのでとても便利ですし、その上無香料なので私の仕事にはちょうどいいんですよね。体臭は自分ではよく分からないままに他の人の害になっていることが多いため、こまめにニオイケアをしてなるべく臭わないように気をつけていきたいです。

体臭と言うものはどんな人にもあるし、全くにおいがない人はそんなにいないと思います。特に汗をかくと殆どの場合といってもいい程臭いがしてしまうものだと思います。この体の臭いはめんどうなもので自分自身では中々気がつかない場合が多いのですが、他人からするととても気づきやすく嫌がられる場合が多いということなのです。誰もが一度くらい味わったことがあると思います。たとえば、体育の授業の後の汗の臭いとか、自宅での靴下の臭いなどまちがっても心地良いものではないと思います。けれども自分は、できるかぎりにおいに関してはイヤだと思わないように努めるようにしています。当たり前のことですが、明らかににおいが強いと感じた場合には自分も過敏に反応してしまいそうですが、夏場の満員電車などで匂うものはしょうがないと断念するようにしています。どうにもできないものだし、当人は意図して体臭を臭わせたくて乗っているとは考えられませんので、熱心にやっている証だと考えるようにしています。体臭はケアも大切ですが、受け取り方も大事だと強く思っています。

普段は「長ズボン」や「スカート」を身に付けているのですが、大抵の場合一日中履いていた下衣をお風呂の時に脱ぐと何となくニオイが感じられてすごくそれが不快なニオイなのでどっから出ている匂いなのか気になっています。けれどその臭いは場所的に股間のニオイとしか思えないのでもしかするとデリケート部分の臭いが強いのかなと憂鬱になっています。そんな所が臭うなんて人に聞けないし、防臭ケアもどうやればいいのかって感じです。よくある脇ならデオドラントケア用品等も販売されているので臭いが気になってもお手入れ出来ますが股間の場合は一体どうやって防げば良いのかなという感じです。普通に体を清潔にしているし、同じ服を続けて履いたりしないのにどういう訳か40を過ぎた頃からニオイがすごくなったという実感があるので気に掛かっています。年を取ったからかもとも思いますが結構お尻に関してはホントに困ってしまうので専用のケアアイテムなどがないか探してみるつもりです。真夏などなら汗も掻くので当然股部分のにおいもキツくなってしまう事もあると思うし、生理のときならやっぱりどうしても臭いが出やすいのでキレイを保つようにしているのですが、こういった事以外で匂いが強まっているのですぐにでも何か対処をしないといけないと思っています。

腋臭でなくとも、摂取する物によって身体から匂いが出てきたりしますよね。自身でもここのところ何故か体臭を感じるという人は、食事を見直してみると良いかもしれません。どうしてかというと、体臭を発する食べものというのがあって、大抵はこういった食材の摂りすぎによるものだったりします。なかでも有名なのが唐辛子類です。辛みのある物は代謝促進の作用があり発汗作用を促すにも良い食品ではありますが、菌が繁殖しやすくなって汗が臭くなる原因となってしまうのです。適切な量であれば、健康にもいい食品ですが、過剰に摂取するとニオイが発生しやすくなるのも事実です。それと、激辛好きの方は頻繁に辛いものを摂るという人も少なくないでしょうが、食べ過ぎて消化器が荒れたりすると、体臭だけでなく口臭もきつくなってしまいます。もし最近、唐辛子を口にし過ぎなようだったら、一週間ほど辛い食事をやめるとお肌の調子もよくなりお化粧乗りも変わってくると思います。汗は老廃物とともに流れてくるので、発汗を促進する辛い物を摂ると、肌トラブルが起きやすくなります。10月くらいでも暖かい日はあって、外出していて汗をかいてしまうということもあると思います。ですから秋でも、身体の臭いは出さないように心掛けた方がいいですね。

おすすめ⇒小学生の女の子向けのわきがクリーム